大森グループマーク

湘南ガルバー


  • 溶融亜鉛めっき 1.特長・特性



溶融亜鉛めっき製品写真

溶融亜鉛めっきは金属塗装よりも優れた鉄地保護力を持ちます。
耐食性・密着性・均一性・経済性・鉄地保持力だけでなく、環境保護の観点からも、金属資材・金属製品には、溶融亜鉛めっきをお勧めしております。



1.耐食性にすぐれています。

溶融亜鉛めっきは鉄鋼製品の表面に亜鉛の保護皮膜を作り、電気化学作用(ガルバニックアクション)によるすぐれた防錆効果が得られるので、大気中や海水中、土壌中に於いてもすぐれた耐食性能を発揮します。



 2.密着性にすぐれています。

溶融亜鉛めっきは他の塗装と違い、鉄素地と亜鉛の合金化反応により、密着しておりますので、過激な衝撃や摩擦以外に剥離することはありません。

溶融亜鉛めっき被膜断面顕微鏡組織


※最上部のイーター層は軟らかく、強靱で延展性に富み、変形加工を受けても破れないのが特長です。ツェーター層は被膜層中もっとも顕著な結晶を持つ柱状組織です。
 デルター1層は緻密な組織を示し、複雑な構造をもち、靱性・延性に富んでいるのが特長です。



 3.隅々まで均一にめっきが出来ます。

めっき層に浸漬してめっきを行いますので、パイプの内側やタンクの内面などの、中空体で目に見えない部分、手の届かない部分でも完全に均一なめっきが出来ます。


 4.経済性に富んだ防食方法です。

長期間にわたって防食効果がありますので(地域差があります)、補足的な防食手段はほとんど必要ありません。
理論的には表面の亜鉛めっき層が電気化学作用により完全に消耗されつくすまで鉄鋼製品を錆から守りますので、長期の防食を目的とする場合、再塗装の必要もなく、他の防食法と比較してももっとも経済的な方法です。


 5.鉄地の保護に優れています。

鉄鋼製品の表面に施された亜鉛めっき被膜は、外部の腐食環境より鉄鋼製品を保護する保護被膜となります。さらに亜鉛めっき被膜が破損して鉄素地が露出しても、その周囲の亜鉛が電気化学作用(ガルバニックアクション)を起こして鉄素地を錆から守ります。この電気化学作用は、異種金属間に発生する金属電池の働きとして説明されております。
すなわち、鉄よりもイオン化傾向の高い亜鉛が犠牲となって、鉄鋼を腐食から守り続けるのです。

塗装または錫めっきと溶融亜鉛めっきの金属表面の腐食の比較


※上/錫めっき、ニッケル、クローム等の金属被膜または塗装による被膜は、単に大気を遮蔽する働きをするだけで、被膜が破れると鉄地の浸食を促進する欠点があります。

※下/溶融亜鉛めっきは鉄の上に密着性の良い連続した皮膜を作り、外部の腐食環境から鉄を遮断する遮蔽体としての作用を果たします。また、腐食が始まり皮膜部分が破れても、亜鉛めっき部分が自らの犠牲によって鉄地の腐食を防ぎます。